福利厚生 / ワークライフバランス

ストローマンは、お客様・患者様から選ばれる企業 ( partner of choice ) を目指すのみならず、優秀な人材から選ばれる企業 (employer of choice )を目指し、福利厚生の充実化、ワークライフバランスの健全化を図っております。
各種保険 健康、厚生年金、雇用、労災等、各社会保険のほか、労災総合保険、海外出張時の旅行保険を付保しております。
退職金制度 確定拠出年金制度を採用しております。会社は、毎月掛金として月額基本給の7.5%を拠出し、法令で規定されている掛金限度枠を越える部分は、別途退職一時金として社内にて積立を行っております。
慶弔見舞金 社員の結婚、出産、傷病による休職や社員のご家族が亡くなられた際に、慶弔見舞金を支給します。
ベネフィット・ワン ベネフィット・ワンが提供する福利厚生アウトソーシングのサービスに加入しています。社員はもちろん社員のご家族も、居住地に関わらず豊富なサービスをご利用いただけます。サービス内容はこちらへ(外部リンク) 
永年勤続表彰制度 勤続5年ごとに表彰金を支給しております。
ストローマン製品費用補助制度 ストローマン・ジャパン㈱に直接雇用されている社員とその家族(配偶者、子ども、両親、兄弟姉妹)およびストローマン・ジャパン㈱の定年退職者とその配偶 者が、ストローマン・ジャパン㈱で販売している製品を使用し歯科治療を行った場合は、原則として、ストローマン製品の製品代相当額を会社が補助いたしま す。
休日・休暇 土曜日・日曜日・国民の祝日および国民の休日
夏季休暇(会社が指定する3日間)
年末年始(12月30日から1月4日)
年次有給休暇・特別有給休暇(慶弔休暇等)・出産休暇・育児/介護休業 等

社員全員が働きやすい環境をつくり、社員が仕事と生活の調和を図ることによって、すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、ストローマンでは「次世代育成支援対策推進法」に基づき、次のように行動計画を策定しています。

1.計画期間   平成25年4月1日~平成37年3月31日 

2.内容

目標①: 社員あるいは社員の配偶者の子どもの出産において、取得できる休暇制度の周知、取得促進を図る。

● 子どもの出産における特別休暇について、社員に周知徹底する。

父親が取得できる配偶者出産特別休暇については、出産前後3日間の休暇が取得できるよう部門内で休暇計画を立て、休暇取得を働きかける。

目標②: 年次有給休暇の取得促進のための措置を講じ、1人当たりの有給休暇取得日数を増やす。

 ● 有給休暇取得を促進するため、各部門の上長は部下の取得日数を定期的に把握し、取得日数が少ない社員については、随時、取得を促す。

 ● 年1回は連続5日間の休暇が取得できるよう相互協力し、取得しやすい体制を整えることで取得の促進を図る。

平成23年7月1日~平成25年3月31日までの行動計画において、「所定外労働を削減するため、ノー残業デーを設定、実施する。」という目標については、ほとんどの社員が毎月の所定外労働  時間をほぼゼロにすることで概ね目標は達成できました。

引き続き、所定外労働の削減には取り組んでいく方針ですが、平成25年4月1日以降の目標からは削除し、上記2つの目標達成に取り組むこととします。