歯周病とは

歯周病は歯周組織の炎症性の病気で、を支える組織(歯周組織)を徐々に破壊し、歯を支える力を弱くします。

歯周病の原因

細菌の増殖により歯垢.が発生します。適切に口腔衛生を保ち歯垢(プラーク)を取り除かないと、プラークが石灰化して歯石ができます。そうなると、ふつうの歯ブラシでは不十分で、専門家である歯科医師か歯科衛生士による歯石取りが必要です。歯石をそのままにしておくと、炎症が進行することがあります。

歯周病の段階

歯周病が進行すると、あごの骨と歯を支える組織がやせます。その状態のままにしておくと、歯がぐらぐらし最悪の場合は歯を失います。

1. 軽度

歯と歯茎の境目(歯根膜)に歯垢がたまります。歯茎が炎症を起こして出血します。

2. 重度

歯根膜が歯から離れ、細菌が増殖し、歯垢と歯石に付着し、周囲の骨がやせます。

3. 広範囲

歯茎が後退します。あごの骨と歯根膜がやせ続け、歯がぐらぐらして場合によっては抜けます。

歯周組織再生材料の使用が適した治療方法であるかを判断する上で、歯科医師の経験が重要な役割を果たします。最適な治療方法に関しては歯科医師にご相談ください。