milling technology

最終修復物を高品質に維持するために、ストローマンワークフロー(Validated Workflow)ではスキャンからソフトウェアでのデザインそしてミリングテクノロジーまでのそれぞれのアプリケーションが、最適に同期するように設計されています。
  • <h4>重さ</h4> Straumannが保有する4.2トンと6.7トンの高速切削ミ リング機は、1.5倍の重力に相当する加速度にもかかわらず振動による品質低下がほとんどなく、ズレを0.002mm以内に抑制します。
  • <h4>スピード</h4> 最高で加速度10メートル/秒速を実現し、シャープなマージンラインやスムーズな表面性状を再現します。また最高回転数40.000~54.000U/分でデリケート部位も研磨することが可能で、高精度な歯科修復物を製作することができます。
  • <h4>アングル</h4> 形態学に基づき、4軸と5軸を同時に作業します。

重さ、スピード、アングルの組み合わせ

Straumannのhigh-speed cutting (HSC) ミリングテクノロジーが、ストローマンワークフロー(Validated Workflow)での高品質な修復物の製作を実現します。高い予知性と高品質な修復物の製作のために、先端のミリングマシンの3つの要素を重要視しています。

重さによる違い

  • 振動による品質低下がほとんどない4.2と6.7トンのミリング機(加速は重力の1.5倍に相当)
  • ズレを0.002mm以内に抑制

スピードによる違い

  • 最高加速度10メートル/秒速によるマージンの製作や表面のスムージング
  • 最高回転数40.000~54.000U/分によるデリケート部位の研磨

アングルによる違い

  • 形態学に基づいた4軸と5軸の同時作業