CARES SCANNER D7 Plus

CARES® スキャナー D7 Plusは、コンピューター部がスキャナー本体に組み込まれた”オールインワン”のデジタルスキャナーです。大容量の処理が必要で、技術的な汎用性が不可欠な技工所に適した仕様になっています。

先端のテクノロジーソリューション

CARES® スキャナー D7 Plusは、ハイエンドテクノロジーの要素を統合したスキャナーです。光学測定ヘッドは、2台の高速カメラとスキャンプレビューの速度を促進する1台のビデオカメラで構成されています。ブルーレーザーを使用しており、レーザーとカメラ間で形成される三角測量の角度を狭角に設定することで、正確性と汎用性を実現します。ハイパフォーマンスCMOSセンサーにより、優れた解像度を得ることができます。また、スキャンボリューム内に5軸の自由度を持たせることで優れた形状読み取り能力を発揮します。SDDドライブを使用することで、軌道時価の短縮、メカニカルディスクドライブに比べ故障率が低くなっています。

優れたパフォーマンス

CARES® スキャナー D7 Plusは優れたパフォーマンスを提供し、3Dスキャナーに新しいクラスを定義します。
このシステムにはあらかじめCARES® Visual ソフトウェアがインストールされています。モジュールにはクラウン&ブリッジだけでなく、インプラントカスタムアバットメント、インプラントブリッジが含まれています。

特長

  • 優れた正確度:CARES® スキャナー D7 Plusは、単冠の支台歯からフルアーチまで多種多様な症例に対し優れたマージンの適合性とフィッティングを提供します。
  • 高度な処理能力:新しい全自動スキャン+デザインマルチダイアプリケーションは、約13分で30個のコーピングのデザインを作成します。一度プラットフォームにロードしたら、追加の作業は必要ありません。30個のデザイン終了後、通常の品質管理手順と同様に、完成したデザインを確認し、歯科医師の指示に従い修正を行います。
  • 広範囲のスキャニング:CARES® スキャナー D7 Plusは、広い容積(140㎜×140㎜×140㎜)上で正確な結果を提供します。
  • 汎用性:天然歯修復では、CADデータをSTLファイルで出力することが可能です。これによりCAD/CAM冠にも対応しています。