ストローマンガイドシステム 

CARES® 3Dガイド

高性能で使いやすい、診断およびインプラントプランニング(coDiagnostiX™)
高性能2D/3D断面・タンジェンシャルビュー表示機能

(CB)CTスキャンとのマッチングが可能な任意のラジオグラフィックティースなどのサーフェイススキャンデータをインポートし、インプラントプランニングのための情報を追加することができます。このシステムは、補綴主導のインプラントプランニングと分かりやすいビジュアル表示のための優れたツールです。

データセットの位置合わせ

データセットの3D画面上の配置を簡単に修正することができます。これによって診断やインプラントプランニングに適切なビューに調整できます。

 
精度向上を目指した設計

神経の自動検出機能や重要な距離の警告機能、高度な2D/3D測定機能がインプラントプランニングの予知性を向上させます。

使いやすいソフトウェア

ソフトウェアのユーザーインターフェイスはカスタマイズが可能で、双方向のワークフローパネルによってインプラントプランニングの手順を確認できます。インプラントプランニングに必須の機能を搭載しており、操作が簡単です。

 
サーフェイススキャンデータのインポート機能

石膏模型をスキャンし、インポートしたSTLデータを重ね合わせることで、歯肉情報の取り込みが可能になり、歯肉の厚みを表示させます。また、プロビジョナルと共にスキャニングすることで、最終補綴物の外形やアクセスホールを予測しながらプランニングすることが出来ます。

 
デジタルドリルガイド(CARES® 3Dガイド)の設計

サーフェイススキャンデータ、もしくは口腔内スキャンデータとCTデータを重ね合わせて、デジタルドリルガイドの設計が容易に出来ます。

最先端技術のPolyJet方式3Dプリンターによる、適合精度の高いデジタルドリルガイド

製品特長

■     成田ミリングセンター内にて作製
■     最先端技術のPolyJet方式3Dプリンター(ストラタシス製)使用
■     石膏模型データ(STL)の上にデザインする為、適合精度が非常に高い
■     複数の適合窓設定が可
■     10μレベルでの適合数値の調整が可能(歯牙、テンプレート間のクリアランス値)
■     骨、粘膜、歯牙支持タイプ対応
■     薬事登録が完了した原材料使用

caseXchange™ ・ Synergy LinkTM

円滑なコミュニケーションツールcaseXchange™

caseXchange™ 機能を用いてユーザー間でプランの共有が可能です。また、iPad® ビューワーアプリケーションを利用することにより任意のiPad® でプランニングしたデータを見る事ができ、歯科医師や患者さんとのコミュニケーションに有効なツールです。

 

CARES® スキャナーシステム(CAD)とストローマンガイド・ソフトウェアの連携強化のツール  Synergy Link

上記ソフト間で即時に双方のソフトに加えられた変更が反映される機能です。CARES® スキャナーシステムで歯冠形態を変更すると、ストローマンガイド・ソフトウェア側に即時にCADデザインが反映される。また、ストローマンガイド・ソフトウェア上でインプラントポジションを変更すると、同様にCARES® スキャナーシステム側に即時に反映されるという即時性の高い連携機能です。歯科医と技工士のより便利な意思の疎通を実現するコミュニケーションツールです。

ガイデッドサージェリーのワークフロー
1. CADCAMスキャナー、もしくは口腔内スキャナーを用いてSTLデータを作成

作業模型を製作し、CARES® スキャナーでスキャンするか、患者さんを口腔内スキャナーを用いてスキャンします。

2. CTスキャン

患者さんをCTスキャン*し、DICOMデータを作成します。(8cm X 8cm推奨)

*CTスキャンの際、開口した状態での撮影をしてください。

3. DICOMデータとSTLファイルのインポート

DICOMデータと模型をスキャンしたサーフェイスSTLデータもしくは口腔内スキャナーからエクスポートしたSTLデータをインポートして重ね合わせを行います。デジタルドリルガイド(CARES® 3Dガイド)作製の重要なポイントになります。

 
4. 診断と3Dインプラントプランニング

患者さんの解剖学的構造と補綴物の形態を考慮してインプラント埋入の位置を決定します。インプラント埋入のプランニングを完了し、治療計画を印刷します。デジタルドリルガイド(CARES®3Dガイド)の設計を行いcaseXchange™ 機能でCARES® 3Dガイドの注文データを成田ミリングセンター(登録歯科技工所)へ送信します。

5. デジタルドリルガイド設計

メニューから設計アイコンをクリックして設計画面を開きます。新規「NEW」にチェックマークを入れ、プルダウンメニューから設計に使用するSTLデータを選択し取り込みます。

6. 脱着方向の設定

右クリックしながら角度が調整できます。左画面のように咬合面観から見て、影になっている部がアンダーカットと認識され、自動でブロックアウトされます。

7. 歯牙支持領域を設定(歯牙支持3Dガイドの場合)

画面下部の歯列表の歯列をクリックしてサポート領域を指定します。

 
8. ガイドの適合調整と厚さみの設定

 ① オフセット: 歯牙とガイド間のクリアランスの設定(推奨値0.05mm~0.07mm)
 ② 壁面の厚み: ガイドの厚みの設定(推奨値 3.5mm)

 
9. インスペクションウィンドウ(適合窓)の設定

インスペクションウィンドウ(適合窓)をクリックします。咬合面から見て窓を付したい箇所で左クリックし指定、ガイドを横向きにして高さを定義します。

10. ラベル(名前)の刻印入力

ラベル追加を左クリックし、刻印したい名前を入力します。左ドラッグで位置を調整し完了します。

11. エトコンミリングセンターへ注文

caseXchange™ アイコンを左クリックして開きます。caseXchange™ リストからエトコンジャパンを選択し、【送る】
をクリックして送信完了

12. デジタルドリルガイド(CARES® 3Dガイド)の製作

CARES® 3Dガイドには、インプラント埋入をガイドするスリーブが含まれています。歯牙支持タイプ、粘膜/骨支持タイプのドリルガイドの製作が可能です。

13. ガイデッドサージェリーとインプラントの埋入

患者様の口腔内にサージカルガイドを固定後、ガイデッドインスツルメントを用いてインプラント床を形成し、インプラントを埋入します。プランニングソフトウェアが提示するサージカルプロトコールには、各インプラント埋入部位に必要なインスツルメントが表示されるため、手術中のインスツルメントの選択が容易です。