Guided Surgery – Workflow

ストローマンガイド・システムのワークフローには、歯科専門家のチーム全体が最初から関わり、コンピューターによるガイデッドサージェリーを実行します。


1. 作業模型の製作

作業模型はスキャンテンプレートとサージカルガイド製作の基礎となります。

医科用CT・歯科用BCTを問わず、幅広いCTスキャナーに対応しています。


2. スキャンテンプレートの製作

スキャンテンプレートには、完成時の補綴物の形態が再現されたX線不透過性の材料を用います。gonyX™での製作時には、インプラント埋入のプランニングがサージカルガイドに確実に反映されるよう、3本のtempliX リファレンスピンがtempliX プレートに固定されていることを確認してください。


3. CTスキャン

gonyXTMで製作したスキャンテンプレートを装着し、患者様をCTスキャンします。


4. 診断と3Dインプラントプランニング

3Dデータセット(DICOM)はプランニングソフトウェアのcoDiagnostiX™に直接インポートすることができます。患者様の解剖学的構造と補綴物の形態を考慮してインプラントの位置を決定します。インプラント埋入のプランニングが完了すると、ソフトウェアがgonyXTMでサージカルガイド製作の計画およびガイデッドサージェリー キットに対する治療計画を提示します。


5. サージカルガイドの製作

coDiagnostiX™ ソフトウェアが各インプラントについて提示するテンプレートプランに従い、gonyX™を用いてサージカルガイドを製作します。サージカルガイドには、インスツルメントおよびインプラントを埋入するスリーブが含まれています。新たにテンプレートを製作する必要はありません。必要に応じて、スキャンテンプレートを再加工してサージカルガイドにすることができます。


6. ガイデッドサージェリーとインプラント挿入

患者様の口腔内にサージカルガイドを固定後、ガイデッドインスツルメントを用いてインプラント床を形成し、続いてインプラントを埋入します。プランニングソフトウェアが提示するサージカルプロトコールには、各インプラント埋入部位に必要なインスツルメントが表示されます。


ガイデッド サージェリーの製品ソリューションの詳細