tissue regeneration

エムドゲイン® ゲルは、歯周治療における歯周組織再生環境を提供します。
歯周組織に存在する各細胞に対し、創傷治癒環境を提供するブタ歯胚組織を使用した歯周組織再生用材料です。

エムドゲイン® ゲルによる歯周組織再生治療

歯周病治療と歯周組織再生

歯周病により歯周組織が破壊されると結合組織性付着が失われます。そこには上皮のダウングロースによる深いポケットが形成されます。
理想的な歯周組織の再生は、接合上皮付着が最小限必要であることに加えて、コラーゲン繊維が封入された新生セメント質の形成による新付着と、これに伴う新生骨を獲得することなどであり、この再生すなわち歯周組織再生を可能にするために、今まで様々な研究がなされてきました。そのひとつとして失われた歯周組織を修復するために、歯周外科治療などが試みられていますが、多くの場合、ごく一部の結合組織性新付着と長い上皮性再付着の形成による治療となっています。

エナメルマトリックスたん白質

歯の発生期に重要な役割を果たすタンパクのひとつに、エナメルマトリクスたん白質があります。このたん白質はエナメル上皮が分泌するアメロジェニン・ファミリーのひとつで、歯根形成時にヘルトウィッヒ上皮からも分泌されており、エナメル質の形成だけでなく、セメント質の形成や機能性を有した付着組織の発達に関わることが示されています。このことからエナメルマトリックスたん白質は、歯周組織再生環境の提供に役立つと考えられています。
EMDとは、エナメルマトリックスたん白質を含むたん白質分画であり、このEMDに着目してスウェーデンのビオラ社(BIORA AB)が開発した製品がエムドゲイン® ゲルです。

 

細胞レベルでの作用

エムドゲイン® ゲルは不溶性たん白質のマトリックスを形成します。このマトリックスは歯根表面に2~4週間とどまり、選択的な細胞の定着、増殖と分化を可能にします。

作用機序の仮説

1. 根面清掃後に骨欠損を満たすようにエムドゲイン® ゲルを塗布します。

2. アメロジェニンが歯根表面にマトリックスの層を形成します。

3. フィブリンと赤血球による血液凝固(血餅)の形成。肉芽組織の置換。(再生のためのスペース)


4. 歯周組織、血液から間葉系細胞が誘導されます。

5. 間葉系細胞から特異的なサイトカインと増殖因子(GF)が分泌され、再生に必要な細胞の増殖・分化を促します。エムドゲイン® ゲルによる上皮細胞の増殖抑制活性は、上皮の根尖方向への埋入を防ぎます。

6. セメント芽細胞が誘導・分化し、セメントマトリックスが形成され、コラーゲンの太い束からなる歯根膜線維が伸張します。


7. 新セメント層が厚みを増し無細胞セメント質を形成します。歯根膜線維が歯根表面に定着します。

8. 新しい歯周組織が骨の欠損部分を埋めます。セメント質、歯根膜を形成します。

9. 歯根表面と欠損部分に新しい歯槽骨が作られます。生物学的幅径(biological width)の相互作用より歯槽骨を形成。骨芽細胞が活性化され欠損部を歯槽骨で満たします。


10. 歯根膜・歯槽骨が再生(形成)し、新しい機能的付着が生まれます。


使用目的、効能または効果 1)-10) 

歯周ポケットの深さが6mm以上、X線写真上で深さ4mm以上、幅2mm以上の垂直性骨欠損(根分岐部を除く)を有する中程度または重度の周囲炎の歯周外科手術の際に、露出された歯根面上に補助的に局所適用します。

1) Hammarström L, et al: Enamel matrix, cementum development and regeneration. J Clin Periodontol 1997; 24: 658-668.
2) Hammarström L, et al: Periodontal regeneration in a buccal dehiscence model in monkeys after application of enamel matrix proteins. J Clin Periodontol 1997; 24: 669–677.
3) BIORA社社内資料 (Scientific Report 8/97A) :Comparison of the effect of premixed Emdogain on the periodontal healing of buccal dehiscence defects in baboons.
4) Zetterström O, et al: Clinical safety of enamel matrix derivative (EMDOGAIN®) in the treatment of periodontal defects. J Clin Periodontol 1997; 24: 705–714.
5) Heijl L, et al: Enamel matrix derivative (EMDOGAIN®) in the treatment of intrabony periodontal defects. J Clin Periodontol 1997; 24: 705–714.
6) Gestrelius S, et al: Formulation of enamel matrix derivative for surface coating. J Clin Periodontol 1997; 24: 669-677.
7) 末田武他:多施設におけるエムドゲイン®の使用成績調査報告. 日本歯周病学会会誌 2004; 46(2), 152-160.
8) Zetterström O, et al: Clinical safety of enamel matrix derivative(EMDOGAIN®) in the treatment of periodontal defects. J Clin Periodontol 1997; 24: 697-704.
9) Sculean A, et al: Comparision of enamel matrix proteins and bioabsorbable membranes in the treatment of intrabony periodontal defects. J Periodontol, 1999;70: 255-262.
10) 5 Cochran DL et al. The effect of enamel matrix proteins on periodontal regeneration as determined by histological analyses. J Periodontol. 2003;74:1043-1055.