Standard PLUS implant

Straumann® スタンダードプラス インプラントはネック部分の高さ(1.8 mm)が低く、生物学的な距離を考慮に入れたインプラントタイプの1つです。機械研磨部分が1.8 mmあることにより、垂直的なインプラント埋入位置の調整でき、ノンサブマージ治癒またはサブマージ治癒の選択が可能です。審美的要求の高い部位に適しており、1回法・2回法の選択ができるインプラントです。

補綴コンポーネントsynOcta®およびソリッドアバットメント補綴システムから選択できます。

特長

1.8mmの研磨面
  • 審美的要求の高い部位にも対応する柔軟性
優れたスレッドデザイン
  • 生体力学的安定性と耐久性を考慮したデザイン
  • スレッド形状とピッチのデザインによる咬合力の分散
  • 均一な応力分散による骨維持と長期的審美を実現

適応

1回法・2回法の選択が可能なインプラント

代表的な臨床症例 スタンダードプラス インプラント
前歯部 推奨
臼歯部 強く推奨
隣接歯との近遠心距離が狭い 推奨(NN)
薄い粘膜 推奨
厚い粘膜 強く推奨
骨移植を伴う埋入 推奨
サブマージ治癒 推奨
ノンサブマージ治癒 強く推奨
抜歯即時埋入 推奨
ソケットリフト 強く推奨

ストローマン デンタル インプラント システムを使用する場合は、弊社が発行するベーシックインフォメーションや製品に添付されている添付文書を熟読の上、ご使用ください。さらに、十分な知識と使用経験のある歯科医師の指導を受けることを強くお勧めします。