SLActive®

革新的なサーフェイス

SLA® サーフェイスを有するインプラントは、長期間にわたり優れた治療成績と高い成功率を実現してきました1 SLActive® サーフェイスはSLA® サーフェイスに次ぐ次世代のサーフェイステクノロジーとして開発されました。SLActive® は迅速なオッセオインテグレーションを達成し、高い予知性を提供するようデザインされています。

迅速なオッセオインテグレーション獲得を実現1,3,4,5,6,7,8,9

SLActive® は、治療の初期段階で高い安全性と優れた予知性をもたらすようデザインされています。

  • オッセオインテグレーションの過程で、二つの要因が重要な役割を果たします。:骨へのインプラントの初期固定(既存骨)と二次固定(新生骨)です。従来のインプラント治療に比べ、2-4週目の間に総合的な安定性が高くなるためロストリスクが低減されます。
  • SLActive® はオッセオインテグレーションを加速させ安定させることで、治癒における早期の段階でのリスクが減少するようデザインされています。早期に骨形成プロセスが開始されるため、治癒過程の重要な期間にインプラントの安定性が高まります。

SLActive®によるオッセオインテグレーションプロセスは、2週目から4週目におけるインプラントの安定性を高めます。

  1. 初期固定 (既存骨):緑色ライン
    顎骨にインプラントが埋入されると、インプラントの表面が骨に接触します。この接触は初期固定と呼ばれ、インプラントの形状、骨やインプラント床の状態に依存します。初期固定は骨再形成プロセスにおいて徐々に減少します。
  2. 二次固定 (新生骨):青色ライン
    治癒期間において、骨は再形成されインプラントサーフェイス上に新たな接触面を形成します。この新たな骨接触は二次固定と呼ばれます。治癒期間が完了すると、初期固定は二次固定におきかえられます。
  3. 総合的な安定性:オレンジライン
    初期固定と二次固定を合算したものが総合的安定性となります。

治癒期間を短縮し、3~4週以降の荷重が可能2

インプラントロストの多くは2-4週目までに発生します。SLActive®は高い安全性を提供し治癒期間の初期段階での優れた予知性を実現することで、治療結果に対する確信を高めます。Straumann® SLActive インプラントでの早期荷重は優れた生存率をもらたします(1年後:97%)*。

SLActive® は、治癒期間の初期の段階においてインプラントの安定性が得られ、リスクが減少するように開発されています。動物試験では、埋入2週間後**においてSLA®と比較すると60%以上の骨とインプラントの接触***を獲得しました。 SLActive® は、日々の診療において、治療における高い予知性と安全性を提供します。

初期固定の減少と二次固定の増加は、インプラント埋入後2-4週間における総合的な安定性を減少(dip)させます。

SLActive® によるオッセオインテグレーションプロセスは、2-4週目のインプラントの安定性をもたらします。

* J. Ganeles et al. Immediate and early non-occlusal loading of Straumann® implants with SLActive® surface: 1 year results from a prospective multicenter randomized-controlled study. Clin. Oral Impl. Res. 2008;19:1119-1128.
** Raghavendra et al. Early wound healing around endosseous implants: a review of the literature. Int J Oral Maxillofac Implants. 2005 May-Jun;20(3):425-31.
*** D. Buser et al. Enhanced bone apposition to a chemically advanced SLA® titanium surface. 07/2004, JDR 83 (7): 529 – 533, 2004.

高い予知性を実現

ヒトにおけるオッセオインテグレーション過程を組織学的に初めて検証*

SLA® とSLActive® では同様の治癒パターンが見られましたが、骨とインプラントの接触率(BIC)がSLActive®は14日後に高く、28日後にはさらに高くなりました。

BICが高くなることで、治療の予知性をが向上し、治療の初期段階におけるインプラントのロストを最小限に抑えます。

高い予知性が裏付ける信頼性

インプラントのロストは2週目から4週目に多く発生します**。SLActive® はより高い安全性もたらすようデザインされており、治療の早期段階における高い予知性が治療結果に対する確信を高めます。Straumann® SLActive インプラントを用いた早期荷重では、3年後の生存率が96.7%という優れた結果を示しています***

SLActive®の埋入部位での歯槽骨頂は3年後も維持されていることが認められました。

* Lang, N. P., et al. Early osseointegration to hydrophilic and hydrophobic implant surfaces in humans. Clin Oral Implants.Res 22.4 (2011): 349-56.
** Raghavendra, S., M. C. Wood, and T. D. Taylor. Early wound healing around endosseous implants: a review of the literature. Int.J Oral Maxillofac.Implants 20.3 (2005): 425-31.
*** Nicolau, P., et al. Immediate and Early Loading of Chemically Modified Implants in Posterior Jaws: 3-Year Results from a Prospective Randomized Multicenter Study. Clin.Implant.Dent.Relat Res. (2011).


1 Bornstein MM, Wittneben JG, Brägger U, Buser D. Early loading at 21 days of non-submerged titanium implants with a chemically modified sandblasted and acid-etched surface: 3-year results of a prospective study in the posterior mandible. J. Periodontol. 2010 Jun;81(6):809–18.
2 Oates TW, Valderrama P, Bischof M, Nedir R, Jones A, Simpson J, Toutenburg H, Cochran DL. Enhanced implant stability with a chemically modified SLA® surface: a randomized pilot study. Int. J. Oral Maxillofac. Implants. 2007;22(5):755–760.
3 Schwarz F, Herten M, Sager M, Wieland M, Dard M,BeckerJ. Bone regeneration in dehiscence-type defects at chemically modified (SLActive) and conventional SLA titanium implants: A pilot study in dogs. J. Clin. Periodontol. 2007;34(1):78–86.
4 Schwarz F, Ferrari D, Herten M, Mihatovic I, Wieland M, Sager M, Becker J. Effects of surface hydrophilicity and microtopography on early stages of soft and hard tissue integration at non-submerged titanium implants: An immunohistochemical study in dogs. J. Periodontol. 2007;78(11):2171–2184.
5 Schwarz F, Herten M, Sager M, Wieland M, Dard M, Becker J. Histological and immunohistochemical analysis of initial and early subepithelial connective tissue attachment at chemicallymodified and conventional SLA® titanium implants. A pilot study in dogs. Clin. Oral Impl. Res. 2007;11(3):245–455.
6 Schwarz F, Herten M, Sager M, Wieland M, Dard M, Becker J. Histological and immunohistochemical analysis of initial and early osseous integration at chemically modified and conventional SLA® titanium implants: Preliminary results of a pilot study in dogs. Clin. Oral Impl. Res. 2007;11(4):481–488.
7 Buser D, Broggini N, Wieland M, Schenk RK, Denzer AJ, Cochran DL, Hoffmann B, Lussi A, Steinemann SG. Enhanced bone apposition to a chemically modified SLA titanium surface. J. Dent. Res. 2004 Jul;83(7):529–33.
8 Ganeles J, Zöllner A, Jackowski J, ten Bruggenkate C, Beagle J, Guerra F. Immediate and early loading of Straumann implants with a chemically modified surface (SLActive®) in the posterior mandible and maxilla: 1-year results from a prospective multicenter study. Clin. Oral Impl. Res. 2008;19:1119–1128.
9 Luongo G, Oteri G. A noninterventional study documenting use and success of implants with a new chemically modified titanium surface in daily dental practice. J. Oral Implantol. 2010;36(4):305–14.